>  > まだまだという気持ちがあった

まだまだという気持ちがあった

その日の風俗嬢はRちゃん。ポータルサイトを見ている時にかなり良い条件のお店を見つけたんです。Pという風俗店なんですけど、そこでその日出勤の子の中から彼女を見つけたんです。ホームページで彼女の写真を見た時、ビビビっときましたね。彼女にすべきという点の声というか、一気にモチベーションが高まりました。ポータルサイトを見ていたとはいえ、そこまで強い意志はなかったんです。あまり良い子がいなかったら別にいいかな…くらいの軽い気持ちでポータルサイトを覗いていたんですけど彼女を見て一気にモチベーションが高まりました。電話して予約して、そして早速向かいました。実物の彼女もかなり良かったです。写真よりかは可愛い系の方が強いかなと言ったところでしたけど、おかげでかなり早い発射となってしまったんですよね。でもせっかく素晴らしい子との時間なんです。これは負けていられないなってことで二回戦目に突入して思い切り楽しみましたよ。

良い展開で楽しかったんです

風俗がどんな展開になるのかは、それこそ蓋を開けてみなければ分からない部分が大きいとは思いますので、だからこそ良い展開になった時のことは印象深いものになるんですよね。前回が特にそうでした。かなり良い流れで楽しませてもらえたんじゃないかなって思っています。なぜなら、自分の理想と言っても良い展開だったんです。まったりとしつつ、お互いがお互いを攻める。そして絶頂にまで到達する。言葉にするとシンプルな展開ではあるんですけど、実際に楽しんだ自分の満足度は相当なものです。ここ最近の風俗で一番と言って良いかもしれません。それくらい自分の中で盛り上がったんですよ。やっぱり風俗は女の子も大切ですけど、女の子とどんな展開を楽しむのかも大切になってくるじゃないですか。いくら好みの女の子相手でも消化不良なプレイでは意味がありません。彼女は好みのタイプであると共に、良い流れで楽しめたからこそ印象に残っているんですよね。

[ 2017-04-20 ]

カテゴリ: 風俗体験談